京都の観光タクシーが多くある中、当サイトをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
    なるほどタクシーは、自信を持って洗練されたサービスをお届け致しております。

    ・ご案内の質、特に知識量には自信があります。
    ・有名処も穴場もドライバーがしっかりご案内致します。(ドライバーは拝観無料)
    ・途中お買い物など寄り道もできます。
    ・事前に担当ドライバーから連絡させて頂く際にコースの打ち合わせをする事ができます。
    ・コース未定の場合でも、お客様に合ったコースを自信を持ってご提案致します。

    さりげなくお客様と京都の仲立ちができれば…それが私たち全員の願いです。

    当サイトをご覧頂いた皆さまが京都へお越し下さるのを心よりお待ちしております。

    「お電話でご予約・お問い合せ」

    075-864-7001 (AM9:00~PM:6:00)

    どうぞお気軽にお電話下さいませ。

    「行きたい処」

    京都の様々な名所をご紹介しております。

    ここで選んだ場所は画面右上の 行きたい処に入り、メールフォームでご予約できます。

    「料金表/車型」

    当社の設定する料金をご覧頂けます。

    こちらの料金をクリックすると画面右の「車型」「時間」「料金」に反映されるので、常に画面上で見る事ができます。

    「ご予約/お見積もり」

    メールフォームでご予約できます。(ご希望の方は詳細なお見積りの試算もできます。)

    必須入力項目はそう多くはありませんのでお時間は取らせません。

    詳細を決められた方も、ほとんど未定の方も、お客様に合ったベストコースをご案内をさせて頂きますのでご安心下さいませ。

    なるほどタクシーをご利用頂いたお客様のアンケートはがきをご紹介しております。

    お客様のお声をもっとみる

    無題ドキュメント

    なるほどタクシーのドライバーが普段お客様にしている京都にまつわるお話、
    ここではその一部をご紹介しております。

    7.添水(そうず)

    詩仙堂の石川丈山の考案による添水は、僧都という人のことです。
    添水

    奈良時代の終わりから平安時代にかけて、玄賓僧都(げんびんそうず)という高徳の僧が天皇に召されました。
    しかし玄賓は名声を嫌い、奈良の「山の辺」を出て、丹波や備中の田舎を転々とします。
    世間では、山田を転々とする玄賓僧都の事を山田僧都と呼ぶようになりました。

    備中国・湯川寺に滞在していた山田僧都は、収穫の秋になると、農夫のいでたちで、雀やカラスを追い払い、農民たちに大変感謝されました。
    「山田の案山子(かかし)」とは、案山子役のを引き受けてくれた山田僧都の事を農民たちが親しみを込めて呼んだものです。

    石川丈山は、この故事により、鹿や狸を追うこの道具を、玄賓僧都の陰徳を偲んで「僧都」と名付けました。
    ししおどしとも言いますが、これは昭和32年に苔寺で同じものが作られ、「鹿おどし」と表示されて以来、拝観者の多かった苔寺での呼び名が一般化したという事です。

    京都のお話をもっとみる

    お問い合せプライバシーポリシー修学旅行会社概要